トレーニングを始める|膣引き締めトレーニングをするならデメリットをチェック

膣引き締めトレーニングをするならデメリットをチェック

トレーニングを始める

ウーマン

膣の筋肉を鍛えることで膣引き締め効果が期待できます。骨盤底筋や8の字筋を鍛えてみましょう。きっと効果を体感できますよ。感度が上がるだけではなく、下腹とおしりを引き締める効果もあります。ボディーラインを整えることもできるのです。また、尿漏れや生理痛などを改善することもできます。膣引き締めトレーニングの方法としては、膣の入り口の筋肉とインナーマッスルを鍛えることが必要です。息を吸いながら膣と肛門に力を入れて締めます。5秒ほどキープした後、ゆっくりと息を吐きながら膣と肛門を緩めるのです。また、単純に力を入れるだけでは膣引き締めトレーニングの要領を掴むことはできません。ですが、締まり具合を確かめる方法があるので実践してみましょう。まずはお湯に浸かります。深呼吸してリラックスした状態から両膝を立て、少し股を開きましょう。人差し指を膣の中に入れた時に指が締め付けられ、指が吸い込まれるような感覚があれば大丈夫です。お腹に力を入れずに、肛門を締めると尿道と膣も閉まります。これは、8の字筋で肛門と膣が繋がっているからです。このようなチェックを繰り返していると、引き締める際のコツがつかめるようになります。また、膣引き締めトレーニングを長続きさせる秘訣は習慣化させることです。効果を体感するには2ヶ月から3ヶ月程掛かると言われています。途中で止めると意味がないので、できるだけ続けるようにしましょう。基本的には立っている時も座っている時も時間を見つけて取り組むことが大切です。この機会に膣引き締めトレーニングを始めてみましょう。